忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[74] [73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

更新してみました。

まぁ、家を出て道中ですけどね。

最近はアレですよ、長編はちょっと

分けないとですね。

辛いんです(゚∀゚)

主に私が

そして、拍手数を公開してみました。

なんというか0回ってみると辛いものがありますけど、修行あるのみですね。


いつもどおりの夕暮れ

僕らには見慣れた風景が過ぎているけど、いつもと違うこともある。

だって、今日はいつもの風景に女の子達の浴衣姿があるから

明久「あぁ、生きててよかった」

雄二「お前の食生活は生きているとは程遠いと思うがな」

たしかに僕の食生活は他のみんなとは少し違うけれど

明久「何を言うのさ、雄二! 僕には食生活が貧しくとも、この心はいつでも潤っているよ!」

秀吉「明久、大丈夫かの?」

秀吉はいつも僕のことを心配してくれるし、これが男っていうんだからもったいなぁ…

…あれ、秀吉は秀吉であって男じゃないじゃないか!

秀吉「…明久よ、今お主から、不穏な気配がしたのじゃが」

明久「やだなぁ、秀吉は男の子じゃないじゃないか、何を思っていたんだろう僕は」

秀吉「明久!ワシは男じゃと!」

優子「やっぱりFクラスはバカが多いわね」

霧島「Fクラスだから仕方ない」

工藤「でも、それが楽しいんだよね」

姫路「そうですね、授業も楽しいですよ」

女子は女子で話が盛り上がってるみたいだし、お祭りってこんなに楽しいイベントだったんだね…

僕は今まで、ゲームでしか経験したことなかったよ

明久「…殺気!!!」

雄二「…ッ」

秀吉「な、なんじゃ」

ムッツリーニ「…………これは…」

『貴様らだけ幸せを味わうなど解せぬ。
よって死ね。     』

すごい、ラブレターだ

明久「よかったね、雄二」

雄二「バカが、これが俺宛の訳ないだろう?
これは、お前宛だ、バカ」

明久「いやいや、雄二だろ?」

雄二「お前だろ?」

秀吉「貴様らと書いてあるのを見ると、ワシら全員じゃろうな…」

ムッツリーニ「…………FFF団か」

さすが、ムッツリーニ…いや、まぁみんな気づいてたけどね

明久「なんで僕らがFFF団に狙われるのさ!」

雄二「お前はやっぱりバカだな 
この状態を見て、お前ならどうする」

明久「幸せな思いをしている奴を殺す!」

雄二「そういう事だ」

明久「……」

ヤバい、今回はヤバい、FFF団がどこで襲来するかわからなくなってきた
もしかしたら、一番くじを引いているときに背後から来るかもしれない
いや…もしかして、焼きそばに毒をいれているのかもしれない。

明久「みんな、今すぐ家に帰ろう!」

姫霧工優『『『『却下』』』』

っふ、どうやら僕ら4人の命はここで尽きるようだ。

明久「雄二…」

雄二「明久…」

明久「お前が死ね!」

雄二「てめぇ一人で死ね!」

ムッツリーニ「…………俺以外が死ね!」

秀吉「ワシは大丈夫な予感がするんじゃがな」

たしかに、秀吉は多分怪我なく過ごせるんだろうなぁ…
つまり、死ぬのは僕達3人か…

明久「祈ろう、雄二」

雄二「あぁ…」

ムッツリーニ「…………」

工藤「なにしてるの?みんなは」

優子「何を祈ってるのよ」

秀吉「命の尊さを感謝し、これからの無事を願っているのじゃ」

霧島「何かあった?」

姫路「明久君?」

明久「ん?何だい姫路さん」

姫路「その手に持ってる紙はなんですか?」

まずい、これを女子のみんなに見せるわけにはいかない!

明久「な、なんでもないから気にしないでね」

姫路「明久君、もしかして浮気ですか?」

いきなり何をいっているんだろう姫路さんは…

雄二「明久、考えてみろ」

明久「何を?」

秀吉「例えば、その紙が他の女子からの手紙じゃったとする」

ムッツリーニ「…………それを彼女に見せない」

雄二「やましいことだと思われる」

霧島「そして、彼女より、メールの数が多い相手は浮気相手と確定する」

雄二「待て、翔子、その理論はおかしい」

霧島「おかしくない。雄二、携帯」

雄二「いやいや、それは・・」ギャー

霧島「…雄二のメール相手は、吉井と土屋と木下が多いつまり、4股」

雄二「その理論おかしいと」

秀吉「それじゃとワシも浮気してる事になってしまうぞ!」

優子「あら、浮気してたの?」

秀吉「あ、姉上?」

優子「秀吉、どれを決めて欲しい?」

秀吉「…決めるのは確定なんじゃな…」

ムッツリーニ「…………」

工藤「…康太くん、携帯貸して」

ムッツリーニ「…………スッ」

工藤「康太くんは、僕が一番多いね」

ムッツリーニ「…………コクコク」

姫路「明久くん?携帯を見せてもらえます?」

いやいや、この流れできちゃうと僕もやばいよね
携帯を忘れたって言わなくちゃ

明久「ごめん、姫路さん忘れちゃった」

姫路「そうですか、なら仕方ありませんね」

prrrrrr

明久「はい」

姫路「やっぱり持ってましたね、明久君」

しまったぁー!!!!!!

姫路「なんで嘘を付いたんですか?」

明久「いや、あの・・・ ごめんなさい」

------------------------------------------

拍手[22回]

PR

コメント
無題

↑に賛同

【2011/10/29 20:12】 NAME[Lona] WEBLINK[] EDIT[]
無題
男子4人ファイト(笑)
【2011/05/15 23:04】 NAME[赤髪のモモ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析