忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[73] [72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

tumblr_lkqhrymW1n1qz53a8o1_500.jpg買った本は「1106034305.jpgさくら荘のペットな彼女5巻」と「魔王なあの娘と村人A」という本の2冊です。


さくら荘のペットな彼女では、私の好きな、ドラゴンとリタの絡みがあります。
空太と椎名の絡みもありますし、仁と美咲の関係も進展します。おすすめです。

魔王なあの娘と村人Aは、今月でた、最初の作品ですね。まぁ1巻です。

こちらも学生でありながら、「魔王」「勇者」という職業をしながら日々二人の中間地点にいる村人Aがどんな災難に巻き込まれていくか、とか、まぁそんなおはなしだったり、そうじゃなかったり、つまり簡単に言うと、勇者と魔王様に好かれているってことですね。


 

ちなみに今回のSSですが、続きます



工藤「(さっき言ってたイベントなんだけどね?)」

姫路「(なんですか?)」

工藤「(夏のイケメンを決める、っていう催しがあるみたいだよ)」

霧島「(……雄二達を参加させるという事?)」

工藤「(うん、どうかな)」

優子「(ドキッ☆男だらけのパラダイス)」

工藤「(ゆ、優子)」

優子「(・・・え、今、私何か言ってた?)」

霧島「(……雄二達にバレちゃダメ?)」

姫路「(バレても出てくれそうな気がしますけどね)」

工藤「(まぁ、そうなんだけどね、康太くんがね)」

霧島「(…なるほど)」

-------------------

ムッツリーニ「…………そういえば」

明久「ん?何か思い出したの?ムッツリーニ」

ムッツリーニ「…………いや、次回は2編に分けずに長編を書きたい」

明久「何を?写真集?」

雄二「そういえば、ムッツリーニ…おまえ」

ムッツリーニ「…………?」

秀吉「……」

ムッツリーニ「…………なぜ、黙る」

明久「……なんでヘッドドレス付けてるの?」

ムッツリーニ「…………!!!!!???????」

え…いままで気づいてなかったの??

ムッツリーニって案外おっちょこちょいだなぁ

あれ…

明久「ムッツリーニ・・・それ自分で付けたんじゃないの?」

ムッツリーニ「…………明久じゃないんだから自分でするハズがない」

明久「ちょっと僕でもしないよ!そんなことは!」

雄二「…でも、このまえはウェイトレスの服着てたよな」

秀吉「しかも学校に乗り込んでおったの」

明久「ちょっと待ってよ!なんでそのこと二人は知ってるの!?」

雄二「さぁ、なんでだろうな」ニヤニヤ

秀吉「ワシはあったじゃろう…」

ムッツリーニ「…………高く売れた」

高く売れた?何が!?

明久「ムッツリーニ何が高く売れたのか今ここではっきり言うんだ」

雄二「お前…明日から生きていけなくなるぞ?」

明久「やっぱりやめてくださいお願いします。」

ムッツリーニ「…………わかった」

雄二「そういや、明久、今日の夏祭りだけど」

明久「ん?なんだい?」

雄二「お前、いくら持って行く気だ?」

明久「んー…2000円ぐらいかなぁ」

秀吉「そこまで使わないと思うんじゃが」

雄二「何を買う気だ?」

明久「え?スピードくじとか買うつもりだよ?」

雄二「お前、一等のゲームが当たるとでも思ってるのか?」

ムッツリーニ「…………アレは当たらない仕様になってる」

明久「な、なんだって!?」

秀吉「確か、アレは1等だけないんじゃなかったかの」

明久「…そういえば、昔1000円つぎ込んでやったのに全部ゴミみたいなやつしかでなかった…」

雄二「それはそれでお前の運の無さだとおもうが…」

ムッツリーニ「…………でも、ゴミ以外を当てる可能性も相当低い」

秀吉「そもそも、祭りでいいものがあたるとは到底思えんがの」

優子「あら、秀吉、何を楽しそうにしてるのかしら?」

秀吉「あぁ、姉上か…今丁度明久達と祭りで何を買うかを相談しておったのじゃ」

優子「あら、それで何を買うことにしたの?」

秀吉「明久は、スピードくじで1等を狙うといっておっての…今1等は当たらないことを教えていたのじゃ」

優子「…まさか1等が当たると思ってるのが小学生以外にいたなんて…」

明久「ちょっと、僕の頭は小学生以下ってこと!?」

雄二「そうだ」

ムッツリーニ「…………」コクコク

僕の周りには敵しかいないじゃないか!

明久「ひどいよ!!!せめて、小学生のようにピュアで純情な心の持ち主っていってよ!」

姫路「明久君がピュアで純情な少年のような心を持っていたとしたのなら、この前ベッドの下から出てきた本はなんですか?」

明久「いや、そ、それは、姫路さん…アレだよ…保健体育の参考書だよ!」

雄二「明久・・・言い訳が苦しいぞ」

霧島「雄二もこの前、水槽の2重底からいやらしい本が出てきた」

雄二「ま、待て翔子、お前なんでそこまで調べて・・・」

霧島「雄二が隠しそうなところなんてすぐに見当がつく」

ばかだなぁ雄二…そんなところに隠したら見るのすら困難になるのに

明久「バカだなぁ雄二は、もっと場所を選びなよ」

姫路「明久くんも、参考書なら堂々とおいてくればいいんですけど」

明久「ひ、姫路さん!?顔が笑ってないよ、黒いよ!今日の姫路さん、何か黒い!?」

姫路「そんな明久くんにはお祭りでいっぱい遊んでもらいますね」

明久「僕は2000円しかないよ!?」

姫路「大丈夫です、明久くん、この前出てきた参考書を全部売ったら1万円になりましたので」

雄二「……明久」

明久「1万円……」

ムッツリーニ「…………どんまい」

工藤「あちゃー康太君はどこにえっちな本隠してるの?」

ムッツリーニ「…………俺にはそんな物はない」

工藤「またまたー」

ムッツリーニ「…………俺が持っている本は、浪漫の本だ!」

工藤「や、やだかっこいい。」

工藤「ってそんなことにはならないんだよ?」

工藤「早く隠してる場所を言って」

ムッツリーニ「…………万事休すか…」

秀吉「今ので抜けれると思ってたのか!?」

優子「相変わらず、面白い回避方法をするのね」

秀吉「本でそこまで本気になるとは…」

明久「なんてことを言うんだ秀吉!僕らには一生経験のなさそうな経験を妄想として楽しむ本なんだよ!?」

雄二「俺が持ってた理由は、どうやって翔子に見つからずに日々を過ごすかを試していたんだぞ!」

ムッツリーニ「…………男にはダメだと分かっていても、引けぬ時がある。それがたとえ…エロ本でも」

工藤「康太くん、相変わらずいうことはかっこいいのに…」

姫路「あ、明久くんが望むのなら…その…別に妄想じゃなくても…」

優子「で、秀吉はどこに隠してるの?」

秀吉「??」

優子「えっちな本よ」

秀吉「もっておらんぞ・・・家では姉上が常に下着姿じゃし…」

明雄ム「「「その話…本当か!!!!????」」」

工藤「康太君!!!!」

霧島「雄二!!!!」

姫路「明久くん!!!!」

工霧姫「「「浮気はだめだよ!!!!」」」
工姫 「「というか言ってくれれば……」」ボソッ

霧島「言ってくれればいつでも下着になるのに」

だってさ雄二君はなんて羨ましいんだ

優子「ひ、ひひひ、秀吉!?!?あ、あ、あ、あんた何言ってるのよ!」

秀吉「いや、事実じゃからな」

優子「あんたには姉を思う気持ちがないの!?」

秀吉「姉上のことは大好きじゃが?」

優子「そ、そういうんじゃないわよ!」

工藤「んー秀吉君、優子が言いたいのは、家で下着姿でいる私をみんなに言うんじゃないわよって事だよ」

秀吉「…なるほどの」

優子「ちょっと、愛子、それ言わないでよ!」

霧島「優子が家では一番大胆っと…」

工優「「いや…代表には負けると思う・・・」」

明久「なんていうかさ、アレだよね」

雄二「なんだ?」

ムッツリーニ「…………なんでこんなことに」

秀吉「そうじゃのぉ、祭りの話じゃったんじゃが…」

工藤「ハッ、そうだった、康太くん!」

ムッツリーニ「…………なんだ?」

工藤「お祭り一緒に行こうね!」

ムッツリーニ「…………あぁ」

あれ、おかしいな、祭りは一緒に行くっていってたのに念押しに来たのかな?

明久「仲いいね、ふたりとも」

姫路「何言ってるんですか?明久くんみんなで回るんですよ」

霧島「そう、みんなで」

優子「みんなで・・・ね」

秀吉「なぜ、姉上達は…笑顔なんじゃ」

優子「あら、私はいつでも笑顔じゃない」

秀吉「たしかにそうじゃが、今日の姉上の笑顔は少し怖いのじゃ」

優子「あら、ならいつもはどんな笑顔なのかしら?」

秀吉「とても、可愛らしい笑顔なのじゃ」

優子「///」

雄二「こいつらは、何をやってるんだ?コントか?」

明久「コントだよね」

ムッツリーニ「…………コントっていうより…新婚」

工藤「康太くん、お祭り絶対一緒に行くんだからね!」


ムッツリーニ「…………あぁ」



------------------------------------------

この後、僕らを待ち受けていた出来事は誰も想像をしていなかった…


------------------------------------------

工藤「だめだよ、康太くん、このままじゃ、康太くんが…」

ムッツリーニ「…………来るんじゃない…愛子」

工藤「…康太くん!」

明久「ムッツリーニ…何か言い残すことは」

ムッツリーニ「…………我生涯に一片の悔いなし」

明久「ムッツリーニ!!!!」


拍手[2回]

PR

コメント
無題
俺もさくら荘よんでました

↑女です・・・
【2012/06/26 06:26】 NAME[ツラ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
続きが気になるΣ(・□・;)
早めのさいしんお願いしますm(_ _)m
皆さん大胆(^O^)
【2011/05/13 17:22】 NAME[赤髪のモモ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析