忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[11] [10] [9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回

日記で発表した

バカと楽しい夏合宿

をしようと思ったのですが

姫路と工藤を出していなかったので


日帰話になってしまいました

ムッツリーニ×工藤
秀吉×優子
雄二×翔子
明久×姫路
でやったら合宿までいけた気がするのですが

二人を出すのを忘れてしまいました

文才もないのに頑張ってみました

それでもよかったら

つづきからどうぞ><


僕らは今海に来ている

なぜ海にいるかって?

前回の日記で秀吉が 合宿に行くと言ったからさ

明久「それにしても本当に海に来るなんて思わなかったんだけど」

いやはや、僕らは3年になっているのに海に来ているなんてね

雄二「まったくだ 試召戦争より先に合宿とはな…」

うん 僕もそう思う

ムッツリーニ「…………合宿…海…水着…」

ムッツリーニは何を言っているんだ…あとで写真をもらおうかな

秀吉「ムッツリーニよ…お主の考えている事が大体わかるんじゃが…」

翔子「雄二 此処には何日いるの?」

雄二「さぁな 明久に聞いてくれ」

え、雄二は何を言っているんだ 決めているはずないじゃないか

翔子「それに前回は瑞希と愛子が出ていないからきていない」

明久「そういえばそうだね」

しまった誘うのを忘れてた

雄二「前回出ていたメンバーは 俺 明久 翔子 木下姉 秀吉 ムッツリーニだな」

ムッツリーニ「…………工藤愛子がいないだと!?」

アレ 何かムッツリーニが少し寂しそうに見える

明久「ムッツリーニ 工藤さんがいないと寂しい?」

優子「それより秀吉 女子は私と代表だけなの?」

秀吉「そうみたいじゃな…すまないのぉ姉上 姫路達を誘うのを忘れていたのじゃ…」

ムッツリーニ「…………工藤がいないのが寂しいだと?ありえない」

その割にムッツリーニがしょんぼりしているんだけど

翔子「今回は人数も少ないし日帰りにしてもいいとおもう」

明久「合宿なのに!?まさかの日帰りなの!?」

雄二「どっかのバカが姫路と工藤を誘うのを忘れたからだろ」

明久「誰だバカって!」

…本当にムッツリーニの元気がない

ムッツリーニ「…………日帰りでいい」

秀吉「そうじゃの 女子も少ないし 工藤もいないから
ムッツリーニの元気がないからの」

優子「そういえばそうね いつもならもう少し喋るのに」

雄二「明久のバカも姫路がいないから あんまり喋らないしな」

確かに姫路さんがいないと寂しいけども

翔子「雄二 それよりも今年で18歳だから市役所にいって婚姻届を出しに行こう」

雄二「断る!!」

何を言ってるんだ、このバカは 学年主席で容姿端麗の霧島さんが
婚姻届を一緒に出そうっていってるのに、そんな事聞くと

明久「此処に何かバールのような物があるね…死ね!雄二ィ!!!」

雄二「うおっ!?何をするんだ 明久」

明久「死ね雄二!」

秀吉「やめんか明久 ワシらは合宿きたのじゃぞ」

優子「それより 合宿っていっても勉強道具とか持ってきてないわよ誰も…」

……そういえばそうだ 合宿とはいったものの誰も勉強道具を持ってきていない

明久「みんな何を持ってきたの?」

ムッツリーニ「…………カメラと水着」

うん ムッツリーニらしい

雄二「トランプと罰ゲームを書いた紙と水着だ」

トランプはわかるけど 罰ゲームを書いた紙って何・・・

翔子「…水着と雄二の鎖とスタンガン」

…雄二の鎖っていうのは聞かなかったことにしよう
…スタンガンっていうのも聞いてないよ

雄二「翔子…その鎖とスタンガンは何に使うんだ?それに俺の鎖だと!?」

翔子「雄二が浮気したらスタンガンを使う 私と一緒に寝る時に鎖に繋いで逃がさない」

雄二「………………」

明久「雄二そんな僕にヤバイ マジヤバイ早く帰ろうなんていわないでよ」

秀吉「霧島はなにやらすごいのぉ…」

優子「代表は坂本君を束縛したいタイプなのね」

明久「さすがにこのメンバーだけなら海はやめよう」

優子「そうね 土屋君を止めれる愛子もいないし」

秀吉「そうじゃの」

翔子「雄二…」

雄二「翔子なんで俺に鎖を繋いでいるんだ」

翔子「…だって、雄二が逃げるから」

雄二「俺は命に危険を感じたから逃げたんだが…」

明久「じゃぁ部屋に帰ってトランプをしよう」

――――

明久「何する?」

雄二「ババ抜きでいいんじゃないか? 最下位が罰ゲームだ」

翔子「罰ゲームはどう決めるの?雄二」

雄二「一人1枚紙を渡す それにそれぞれの罰ゲームを書く
そして最下位の奴がそれを引く」

明久「なるほど わかりやすいね」

秀吉「そうじゃの」

優子「それのほうが楽しそうだしね」

ムッツリーニ「…………異論はない」

雄二「じゃぁ紙を渡すぞ」

―――

まさかトランプを始めてすぐに霧島さんと秀吉のお姉さんがあがるなんて

明久「…おかしい…なぜ二人はすぐに上がれたんだろう?」

翔子「雄二がどこに何を置いているぐらいすぐにわかる」

秀吉「なんという…」

優子「適当に引いたら終わったわ」

ムッツリーニ「…………できる…」

―――


雄二「さぁ 明久 どっちをひく?」

明久「こっちだ!」

雄二「そっちでいいのか?明久」

明久「もちろんだ!二言はない!」

雄二「そうか バカだなお前は」

明久「なんだと…これは…ババ」

明久「くそっ だましたな雄二!」

雄二「何を言ってるんだお前は 勝手に引いたんだろお前が」

雄二「ほらよっ」

ババを直していない僕のトランプを抜いてきた

明久「雄二!今のは卑怯じゃないか!」

雄二「お前がさっさと直さないのが悪い」

明久「くそ」

秀吉「明久よ…わかっておるな」

明久「うん…覚悟を決めたよ…」

【――――――雄二から婚姻届を返してもらう――――――」
【――――――※雄二なら婚姻届を市役所に出してくる―――――」

これは…誰からのかすぐにわかる

明久「だってさ、雄二 罰ゲームはゼッタイなんだよね」

雄二「いや、明久それは罰ゲームじゃないぞ?」

明久「まぁそうだね 幸せのゲームだね!さぁ婚姻届を出すんだ」

雄二「そいつは幸せじゃない地獄のゲームじゃないか!」

翔子「雄二 罰ゲームは絶対」

秀吉「諦めるんじゃな 雄二よ」

優子「諦めなさい 坂本君」

ムッツリーニ「…………来世でも馬鹿をやろう」

雄二「ムッツリーニ!勝手に殺すな!」

こうして僕らの合宿は終わった





あとがき

愛子と姫路を前回出してないとかなり無理ですね

(´・ω・)正直姫路と愛子がいないと持たない…

まだまだ練習不足です><

拍手[13回]

PR

コメント
無題
初カキコです><
これからも更新頑張ってください><
【2010/04/10 12:39】 NAME[Asent] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析