忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[16] [15] [14] [13] [12] [11] [10] [9] [8] [7] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はネタが思いつかなかったので

マビノギというオンラインゲームのお友達にねたをもらいました

春だし健康診断でいいんじゃないという意見だったので

やってみました

1時間で作ったので正直読みづらいかもしれません

ねたの提供をお待ちしております

拍手をくれた人ありがとうございます

これからも精一杯努力するので今後とも宜しくお願いします



今日は文月学園の健康診断の日

明久「撮影を頼むよムッツリーニ」

ムッツリーニ「…………任せろ」

秀吉「ムッツリーニよ 毎回言うが死ぬぞ・・・お主」

雄二「ムッツリーニ俺のも頼むぞ!」

まったく雄二は霧島さんがいるのに何を欲しがっているんだよ…

明久「ムッツリーニ 僕は秀吉と姫路さんを頼むよ」

秀吉「明久よ…なぜワシが入っておるのじゃ」

明久「何を言っているのさ 秀吉は女の子じゃないか!」

秀吉「何をいっておるんじゃ明久…ワシは男じゃと…」

雄二「諦めろ秀吉 明久のバカはお前を女としてみている」

ムッツリーニ「…………秀吉は高く売れる」

霧島「雄二…誰の写真を買うの?」

雄二「決まってるだろ…え 翔子?」

霧島「浮気は許さない」ギリギリギリギリ

雄二の頭が軋んでるけど 最近ずっと聞いてるから慣れてきたなぁ…

姫路「明久君?誰の写真を買うんですか?」

明久「誰のってそりゃ…秀吉と姫路さんに…って姫路さん!?」

まずい、僕はもう死んでしまうかもしれない

姫路「明久君…」

明久「ごめん姫路さん 今のは嘘 本当は秀吉の写真が欲しいんだ!」

秀吉「明久よ だからワシは男じゃと」

姫路「明久君…許しません」

アレ姫路さんが余計に怒ってる 僕何かまずい事いったかなぁ…

工藤「ムッツリーニ君は誰の写真を取ろうとしたの?」

ムッツリーニ「…………すべての女子」

工藤「全員とってどうするの?」

ムッツリーニ「…………売る このクラスの女子は比較的に高く売れる」

工藤「ちなみにいくらぐらい?」

ムッツリーニ「…………それはいえない」

工藤「そんな事言うんだ じゃぁ昨日の事いうよ?」

ムッツリーニ「…………よせ 工藤愛子」

雄二「何だムッツリーニ昨日何かあったのか」

明久「何かあったのムッツリーニ」

秀吉「工藤が泊まったとかそういう話じゃったら面白いんじゃがな」

ムッツリーニ「…………」

何で黙るのムッツリーニ ねぇ何で黙るのさ!?

明久「ムッツリーニ…」

雄二「ムッツリーニお前本当に…」

秀吉「冗談のつもりじゃったのじゃが…」

工藤「言う前にバレちゃったね 康太君」

雄二「康太君だと!?」

明久「康太君…キミは死ぬべきだ!? 羨ましいなちくしょー」

秀吉「ムッツリーニを名前で呼ぶのは工藤だけじゃな」

ムッツリーニ「…………工藤愛子 名前で呼ぶな」

工藤「康太君約束が違うよ? ちゃんとしないとやめないよ僕は」

ムッツリーニ「…………愛子 名前で呼ぶな…」

雄二「こいつら 名前で呼び合ってるぜ」

霧島「雄二 私たちも名前で呼び合ってるから…」

そういえばそうだった しかも雄二は幼馴染っていうステータスがある!

姫路「愛子ちゃんも結構大胆ですね」

―――
ガラッ

優子「代表達 身体測定始まるから保健室に来て欲しいそうよ」

霧島「わかった」

工藤「またあとでね康太君」

姫路「わかりました」


ムッツリーニ「…………愛子名前で呼ぶなと…」

優子「あら、愛子と土屋君 なんだかんだで進展してるのね」

工藤「ゆ、優子何言ってるのさ 進展なんかしてないよ全然」

優子「名前で呼び合ってるじゃない」

工藤「うっ…」

霧島「人に言われると照れるみたい」

姫路「バカップルみたいですね」

優子「姫路さんってたまに酷い事言うわよね」

ピシャ

――――

雄二「やれやれ やっといったな」

明久「まったくだよ」

ムッツリーニ「…………嵐が去った」

秀吉「大変じゃったの」

やれやれようやくこれでムッツリーニに依頼できるよ

明久「ムッツリーニ 頼むよ」

ムッツリーニ「…………すまん明久 さっき工藤に全部持っていかれた」

明久「…なんだって!? じゃぁ僕の注文した姫路さんと秀吉の身体測定の写真は!?」

ムッツリーニ「…………撮れない」

雄二「何 気にするなムッツリーニ」

明久「気にするなって何を言っているのさ雄二 一大事だよ!?」

1年に2回あるかないかの身体測定っていう貴重なイベントなんだよ!?

雄二「俺たちには最後の手段があるじゃないか」

明久「…そうか!」

ムッツリーニ「…………やるのか アレを」

秀吉「…死ぬかもしれんがの」

須川「…俺たちも行こう」

雄二「行くぜ 桃源郷へ」

明久「いざ 覗きに!!」

ガラッ
――――


鉄人「ウェルカム 補習室行きは此処からだ」

雄二「…鉄人だと!? くそ 逃げるぞ」

明久「了解だ 雄二どっちに行く?」

雄二「俺たちは右だ ムッツリーニ達は左に…」

鉄人「お前ら以外はもう捕まえたぞ」

明久「…なん…だと」

鉄人「お前らはバカとA級戦犯だからな 他のやつらよりみっちり指導してやるから覚悟しろ」

雄二「冗談じゃねぇ つかまってたまるか そら」

痛っ 雄二のやつ僕を蹴りやがった 

鉄人「吉井 指導室へ行くか」

くそ 雄二のやつ僕を身代わりにして逃げる気か

明久「させるかー」

ガシッ

雄二「くっ 離せ 明久」

明久「僕一人 指導室なんてありえない! 雄二も道連れだ!」

鉄人「よくやった 吉井 坂本観念しろ」

クソーー

優子「何か男子の悲鳴が聞こえなかった?」

翔子「今のは雄二の声」

姫路「明久君の声もしましたね」

工藤「多分 覗こうとして西村先生に捕まったんだと思う」

優子「バカね」

霧島「バカ」

姫路「バカですね」

愛子「バカだね…」

―――――

僕と雄二とムッツリーニだけは 何故かみんなが帰ったあと4時間近く残された


拍手[23回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析