忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回はムッツリーニが風邪を引いたという感じでやってみました


明久「…………」

雄二「どうした明久、ブサ…キモイ面して」

明久「今言い直した意味ないよね!?今ブサイクっていおうとしてキモイに変えただけだよね!?」

雄二「気のせいだ、いつも通りの顔だったからな」

明久「ムキー 雄二の癖に!」

秀吉「それで明久よ いったいどうしたのじゃ?」

明久「どうしたもこうしたもないよ! 昨日雄二たちのせいでFFF団に追われてて死ぬかと思ったんだよ!?」

雄二「そのまま死ねばよかったのにな」

あぁ、雄二はこんなやつだよ。 いつも僕の不幸を喜んで幸せを喜ばないやつだよ。

まぁ僕も雄二の幸せは嫌いだから別にお互い様って言えばお互い様か…

明久「そういえば雄二 さっき霧島さんからこれを預かったよ」

雄二「翔子からだと!?」

明久「うん、とりあえずお前も不幸になればいいんだ!」

秀吉「明久よ。霧島からのモノ=雄二の不幸に成り立たしては霧島がかわいそうじゃ…」

明久「さぁ、雄二開けてみてよ!」

雄二「悪い、急用ができた! それじゃ!」

明久「逃がすかぁ!!!」

雄二「クソ、離せ明久」

明久「ただの手紙ぐらいで逃げる必要ないじゃないか!」

雄二「明久、これのどこがただの手紙だ!」

「 雄二へ
今日放課後一緒に帰らないと 雄二が死ぬ 」

雄二「脅迫状じゃねぇか!」

明久「恋する乙女っ純情だよね」

秀吉「これは純情のレベルではない気がするがの…」

明久「でも雄二はそんな嫌がってる割には、毎回一緒にいるよね 結構仲もいいし」

雄二「明久 それ以上いったらお前の顔をこの世のモノとは思えないようにしてやる」

まったく霧島さんにこれだけ思われているのになんでこんなに素直じゃないんだろう

明久「そういえば、今日ムッツリーニがいないね」

秀吉「そういえばそうじゃの」

雄二「遅刻・・・ってわけじゃなさそうだな、明久と違うし」

明久「そうだよ! ムッツリーニは遅刻なんてしないよ! だって寝癖直し忘れた女子すらも撮るんだよ!?」

秀吉「それはそれで問題がありそうじゃがの…」

----------------------------------------------------------------

鉄人「お前ら席に付け」

明久「あ、鉄人おはようございます」

鉄人「吉井、西村先生と呼べと何回言わせるんだ。」

明久「ムッツリーニがきてないんですけど」

鉄人「土屋か…そういえば今日は体調を崩したそうだから休むと連絡があったぞ」

ムッツリーニ=土屋で鉄人にも通じるようになったんだ…

雄二「(鉄人もムッツリーニ=土屋って理解するんだな…)」

明久「(超有名人だね)」

秀吉「(不名誉な事じゃな)」

明久「(何をいっているのさ!秀吉 とても名誉じゃないか!)」

これで名実ともにムッツリーニは学園で一番有名人になったんだよ。ムッツリ商会大人気間違いなし

むっつり商会大人気=秀吉の写真が買えない可能性が出てくる…

明久「だめじゃないか!!!!」

鉄人「何がダメなんだ。吉井」

明久「僕が秀吉の写真を買えなくなるかもしれないじゃないか!!」

秀吉「明久!? おぬし今なんといった!?」

雄二「バカはやっぱりバカだな…」

鉄人「吉井、お前には本当に呆れたぞ」

明久「!?…しまった、声に出ていたか!」

秀吉「お主がワシをどんな眼で見ているかわかった」

秀吉「ワシが信じられるのは雄二だけじゃな…」

明久「そんな…ひどいよ秀吉!」

須川「さーかーもーとー 貴様を殺す!!!!」

雄二「秀吉、今の発言を撤回しろ!!!じゃないと俺が死ぬ!!!」

秀吉「いやじゃ!今ワシを男に見ていてくれているのは雄二だけじゃ!」

FFF団「さーかーもーとー 話し合いで処罰を決めようじゃないか…!!!!」

FFF団「紐なしバンジーと画鋲靴は外せない!!!」

雄二「待て、おまえら!それは話し合いする前に決まっているのか!?」

翔子「…雄二、浮気は許さない!」

雄二「翔子!?なんで此処に」

翔子「…雄二が浮気してそうな感じがした」

なんという、乙女の第6感怖いなぁ… 

鉄人「霧島、教室に戻りなさい、それと吉井 坂本 木下は学校が終わったら土屋の家までプリントを持っていくように」

明久「それぐらい別にいいけどなんで?」

雄二「やっぱりバカだな。 今日のプリントにそれぐらい大事な事が書いてるってことだろ」

秀吉「普通に宿題とかを渡すんじゃと思ったんじゃが・・・」

鉄人「そうだプリントに重大なことも書いてある、それと木下が言ったとおり宿題もな」

雄二「…明久、宿題を英語で言ってみろ」

なんだ、雄二のやつ僕を馬鹿にしているのか? 宿題なんて簡単だよ。

明久「home walk」

雄二「………」

秀吉「………」

鉄人「………」

明久「どうだ正解でびっくりしたんでしょ!?でしょ!?」

鉄人「お前は今日居残りだ」

明久「なんで!?」

雄二「わからないなら勉強したほうがいいぞ…」

秀吉「頑張るのじゃ」

明久「居残りなんてしてたまるか、どんな手を使ってでも補習を逃れてみせます!」

鉄人「……お前は素直に勉強するという気はしないんだな」

明久「はい!」

鉄人「ハァ…まぁ今日は土屋の見舞いということで勘弁してやる」

----------------------------------------------------------------


拍手[4回]

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析