忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58] [57]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頑張った。

明日は仕事の都合で帰って来ないので(´・ω・`)

まぁ、頑張って続きを考えます



明久「そんなわけで」

姫路「こっそりと」

工藤「ひっそりと」

ムッツリーニ「…………バレずに」

優子「尾行」

秀吉「するのじゃ」

----------------------

霧島「…雄二、遅い」

雄二「遅いっていうが…お前が俺の家にきてるから遅いも関係ないよな」

霧島「レディを待たせたらダメ」

雄二「翔子、レディってのはどこにいるんだ?俺の目の前に広がる手が俺を…」ギャー

霧島「握力には自信がある」

雄二「…悪かった、俺が悪かったから翔子、その手を離してくれ」

霧島「じゃぁ手をつなぐ」

雄二「だからって関節を決めるなと何回言えばわかってくれるんだよ!」

-----------------------

明久「…なんだかデートには見えないね…」

ムッツリーニ「…………たしかに」

秀吉「雄二も大変じゃのぉ…」

工藤「代表らしいなぁ…」

優子「関節かぁ…」

姫路「大胆ですね、翔子ちゃん」

明久「…秀吉も大変そうだね…」

秀吉「わかってもらえるのか…明久よ」

ムッツリーニ「…………頑張れ」

明久「ムッツリーニだけ、何もないよね」

秀吉「そうじゃな…」

ムッツリーニ「…………!?」

明久「工藤さん、ムッツリーニと普段はどんな感じでいるの?」

工藤「…えっ!?いきなり何を言い出すの吉井君!?
べ、べ、べ、べつにいいいいいつもとかかかか変わってないよ!?」

優子「動揺しすぎでしょ…愛子らしくないわね」

ムッツリーニ「…………」

明久「さぁ、ムッツリーニ白状するんだ!」

秀吉「そうしたいところじゃが明久よ…」

姫路「坂本君たちが店に入りましたよ」

明久「今度じっくり聞かせてもらうからね、ムッツリーニ」

-------------------------

雄二「…翔子、本当にここなのか?」

霧島「…うん」

雄二「待て、翔子この店は高すぎて俺の今日の金じゃ無理だ!」

霧島「大丈夫、足りない分は私が払う」

雄二「待て、翔子…お前いくら持ってきたんだ!?」

霧島「雄二と食事ができるぐらいのお金」

雄二「そうか…じゃぁそのお金を…恵まれない子供達にあげて、俺達は安い店にしよう」

霧島「…雄二、優しい」

雄二「(さすがに翔子にいつも払ってもらうのもあれだからな…たまには俺が)」

-------------------------

秀吉「…今日は雄二が払うのかの?」

姫路「でも店の前で止まってますよ?」

明久「あー、あの店はすごい高いから…」

工藤「いくらぐらいなの?」

ムッツリーニ「…………一番安くて3000円」

優子「……高いわね」

明久「僕の食費なんて毎月1000円いかないよ?」

姫路「吉井君は基本水と塩だからですよ…」

秀吉「普通だったら、5万あればお釣りが来ると思うのじゃが…ひと月ぐらいは」

姫路「そうですね、家族の人数によりますけどね…」

優子「そういえば、秀吉、私あそこの店の料理が食べたいんだけど」

秀吉「…財布には厳しいんじゃが…姉上の頼みなら頑張ってみるのじゃ」

工藤「…康太君、僕もあの店で料理食べたいな///」

ムッツリーニ「…………愛子のためならここで食事するのも悪くない///」

姫路「明久君!わ、私もここで料理が…」

明久「ごめん、姫路さん、僕にはお金が…」

姫路「いえ、では今度一緒に食べに行きましょうね?」

一同「(現実は悲しいね、姫路さん)」

------------------------

雄二「そういえば、翔子」

霧島「何?」

雄二「安い店に変えたんだが、本当によかったのか?」

霧島「…雄二と一緒ならどこでもいい」

雄二「そうか、すまないな」

霧島「それに、雄二が出してくれるから」

雄二「バレてたのか」

霧島「店を変えようって言った時から」

雄二「そうか」

霧島「誰でもわかる、雄二はたまに抜けてる」

------------------------

秀吉「たしかにたまに抜けてるの」

明久「そうだね、店を変えたら自分が払うって言ってるみたいなもんだもんね」

姫路「ですね、でも、翔子ちゃん思いでお似合いだと思いますよ」

工藤「そうだね~なんだかんだで仲いいもんね、あの二人って」

優子「そうね、お似合いよね。愛子と土屋君もお似合いだと思うけどね」

工藤「いいいいいいいいい、いきなり何をいってるのさ!?優子」

優子「ほんと、土屋君の話になると動揺するのね…愛子は」

工藤「だって…」

優子「だって?」

ムッツリーニ「…………そういえば秀吉」

秀吉「話をそらそうとしてもダメじゃぞ」

明久「今度まとめて聞くからね」

姫路「それより私達もそろそろ注文をしないと」

---------------------------

雄二「なかなか美味かったな」

霧島「雄二と一緒なら何でもおいしい」

雄二「例外もあるだろ?」

霧島「例外?」

雄二「闇鍋とかな」

霧島「アレだけは雄二が一緒でも…少し苦手」

雄二「ようやく笑ったな」

霧島「?」

雄二「翔子、今日食事にきてから一度も笑ってなかったからな」

霧島「…」

雄二「笑ってるほうがかわいいぞ」

霧島「///」

----------------------------

工藤「…坂本君って」

優子「そうね」

秀吉「なんというか」

明久「恥ずかしい事をサラッというのぉ…」

ムッツリーニ「…………たしかに」

姫路「明久くんが…」

工藤「康太くんが…」

優子「秀吉が…」

姫工優「「「言うな!!!」」」

明秀ム「「「…えっ!?」」」

----------------------------

続きます(´・ω・`)

拍手[12回]

PR

コメント
無題
面白かったです。

最後から7.8行目 明久と秀吉 逆じゃないでしょうか?

失礼しました
【2012/06/26 06:13】 NAME[ツラ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
引き続き頑張って‼
【2011/04/25 00:58】 NAME[なかさはな] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
26
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析