忍者ブログ
文章力をあげれるように日々努力をしていきたいと思っています。
[27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18] [17]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1日休んでいたつもりが

二日休んでいた不思議

そんなわけで

更新忘れててごめんなさい



TV「お昼になりました 各地のニュースをお伝えします」

雄二「…昼だな」

工藤「お昼だね」

土屋「…………昼だな」

秀吉「昼じゃな」

霧島「吉井は何時まで寝てるの?」

優子「まだまだ起きる気配はないわね」

姫路「流石に1日中寝られると私が暇になってしまいます」

明久「zzz」

雄二「仕方ないな アレを使うか」

霧島「雄二…アレって?」

雄二「明久…鉄人がお前を待っているぞ」

ガバッ

明久「な、なんだって 雄二それは本当かい!? それなら僕はいないっていっておいてくれないかい!?」

姫路「起きましたね」

工藤「なれてるね」

優子「慣れてるわねぇ」

霧島「雄二…浮気は許さない」ギリギリギリギリ

雄二「なぜ俺がアイアンクローをされるんだ…」

秀吉「ヤキモチじゃとおもうぞ」

土屋「…………嫉妬」

明久「あれみんな?…そっかそういえばお泊り会してたんだったね」

姫路「まさか忘れてたんですか?」

明久「ごめん…てっきり家で寝てるのかと」

霧島「家で寝ている時にいつも雄二にあんな事言われてるの?」

明久「いつもってわけじゃないよ?違う台詞とかもあるし」

霧島「雄二は私には言ってくれないのにどうして吉井には言うの?」

雄二「何だ翔子 お前は俺より早く起きてるから言う必要ないだろ」

霧島「じゃぁ雄二より遅く起きる」

雄二「なら俺は放って行く」

霧島「ひどい」

雄二「ひどくない」

霧島「ひどい」

雄二「ひどくないっての お前たちからも何か言ってくれよ」

工藤「僕たちの事をバカップル呼ばわりしてたけど…」

土屋「…………お前達の方がバカップルじゃないか」

秀吉「お主ら二組ともバカップルなんじゃが」

優子「自覚がない辺り 余計にたちが悪いわね」

姫路「それにしても明久君 ご飯は食べないんですか?」

明久「あー…食べたいけどもうないでしょ?」

姫路「私の手づ…」明久「そっかないんだね」

雄二「明久 姫路の手料理なら残ってるぜ?」

土屋「…………俺たちに気を使わなくてもいいぞ」

秀吉「ファイトじゃ」

姫路「?」

霧島「どうして応援してるの?木下」

優子「…」

工藤「…」

明久「アハハハハ…ハァ…」

雄二「じゃぁ俺達は買いものにいって来る」

土屋「…………行ってくる」

秀吉「行ってくるのじゃ」

明久「なら僕も」

雄二「お前は来なくていいぞ明久 手料理を食べていろ」

明久「キミは僕を殺す気かい!?」

姫路「明久君死ぬんですか?」

工藤「おいしすぎてしんじゃうんだよね」

優子「いつも塩ばっかりだから おなかとか壊すんじゃない?」

霧島「雄二 これ買い物のメモ」

雄二「お 悪いな翔子…何々」

【 婚姻届 4つ 】

雄二「翔子 これはどこで買えばいいんだ?」

霧島「役所でもらってくればいい」

雄二「俺たちはスーパーに行くんだぞ?」

秀吉「なぜ4つなのじゃ…?」

土屋「…………おそらく雄二が破る可能性が高いからだろう」

明久「でも4つじゃ足りなくない?」

工藤「(何で男子って…)」

優子「(鈍感なのかしら…)」

姫路「(どこまで行けば気づいてくれるんですかね…明久君)」

――――――

店員「いらっしゃいませー」

雄二「さて買うか」

秀吉「任せるのじゃ」

土屋「…………あれは…」

―――――

一方通行「ったく 珈琲がないとか何なンですかァ」

打ち止め「珈琲ぐらいで怒らないでよってミサカはミサカはお願いしてみたり」

一方通行「お前も何か飲みたいジュースあるなら此処に入れとけ」

打ち止め「いいの!?ってミサカはミサカは瞳を輝かせてみたり」

一方通行「…ン 確かアイツらは…」

打ち止め「どうしたの?ってミサカはミサカは首を傾げてみたり」

雄二「よし買うものは買ったし 戻るか」

秀吉「そうじゃの」

一方通行「オイ お前ら」

明久「な、何ですか?」

打ち止め「もうそんなんじゃダメだよってミサカはミサカはだめだししてみる」

一方通行「そうかァ…最近よく見るなと思ってな」

雄二「奇遇だな 俺もあんたら二人組みをよく見ると思ってた」

打ち止め「何かの縁かもしれないねってミサカはミサカは出会いを感謝してみたり」

明久「大げさな子だね 何歳ですか??」

一方通行「ガキィ 何歳だったっけなァ」

打ち止め「女性に年齢を聞くのは失礼だよ?ってミサカはミサカは忠告してみる」

明久「うん・・・ごめんね」

雄二「そんなことより すごい珈琲の量だな」

土屋「…………食材より珈琲の方が多い」

秀吉「すごいのぉ…」

一方通行「俺は普段コーヒーだけで1日を過ごすからなァ」

明久「僕も 毎日水と塩で過ごしているんですよ」

打ち止め「それは栄養的にどうかと思うってミサカはミサカは意見してみる」

明久「大丈夫だよ たまに油もとってるから」

雄二「お前のそれは飲んでいるっていうんだが」

土屋「…………普通は飲まない」

秀吉「そうじゃのぉ」

一方通行「お前も大変なンだなァ」

打ち止め「今度一緒に遊んで欲しいってミサカはミサカは唐突にお願いしてみる」

明久「うん いいよ 今度一緒に遊ぼうー」

雄二「あぁ 宜しく頼む」

秀吉「そうじゃの これがワシらの携帯番号じゃ」

土屋「…………帰らないと工藤達がうるさいぞ」

一方通行「すまないなァ またな」

打ち止め「バイバーイってミサカはミサカは手を大きく振ってみる」

―――――

霧島「雄二遅かった」

工藤「康太君遅かったね」

優子「秀吉遅かったわね」

姫路「明久君遅かったですね」

何でみんな言う事が同じなのかなぁ…

雄二「悪かったな まぁ 料理の準備は俺たちがするから お前達は座っておいてくれ」

霧島「携帯は預かる」

雄二「どうしてそうなった」

霧島「浮気調査」

雄二「…いやだといったら?」

霧島「力ずくで奪った後雄二が私無しでは生きれないようにする」

雄二「わかった 素直に渡すとしよう」

霧島「残念…」

雄二「残念がるな」

工藤「はい康太君」

土屋「…………その手はなんだ愛子」

工藤「何って け・い・た・い・」

土屋「…………スッ」

優子「秀吉 はい」

秀吉「携帯かの?」

優子「違うわよ 私の頼んでおいたお菓子よ」

秀吉「これじゃ」

優子「あと携帯」

秀吉「やっぱり携帯もなんじゃな…」

姫路「明久君」

明久「はい 僕も携帯だよね?」

姫路「そうです」

明久「どうぞ」

姫路「預かりました アトで返します」

それまで何をされるんだろう…

不安だなぁ

拍手[12回]

PR

コメント
通行さん…
てか、もう通行さんの性格変わってない?
あの超残虐な通行さんが「お前も大変なンだなァ」とか
「すまないなァ またな」とか… なんかすごい…。
【2011/08/14 22:38】 NAME[とあるバカの召喚獣] WEBLINK[] EDIT[]
無題
没収m(_ _)m
【2011/05/08 19:36】 NAME[赤髪のモモ] WEBLINK[] EDIT[]
無題
しゅーろー様>いつもコメントありがとうございます。これからも宜しくお願いします

NONAME様>頑張って書いてみたいとおもいます。拝見してくださりありがとうございますこれからも頑張るので宜しくお願いします
【2010/04/25 19:57】 NAME[七夜 亮] WEBLINK[] EDIT[]
無題
姫路対美波を交えた話とか読んでみたいです
毎回楽しく拝見してます
【2010/04/25 04:03】 NAME[NONAME] WEBLINK[] EDIT[]
無題
今回も拝見しましたw
続編楽しみにしてますねーw
【2010/04/24 20:30】 NAME[しゅーろー] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[08/24 馬鹿試験]
[08/19 観察処分者]
[07/10 殺捕 斬埜 ]
[07/07 殺捕 斬埜 ]
[06/29 澪]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
ケバブサンド
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/10/16
趣味:
アニメ・ゲーム・音楽・など
自己紹介:
SS頑張ってます
よかったら拍手とかをしてくれると嬉しいです><

いつになったら上手にかけるようになるんですかね(´・ω・`)
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析